ブロガー必見!「http”S”」は設定していますか?簡単手順でブログに信頼感を!

ブログ

おこもちです!

今回はブログを運営している方々に向けた記事となります。
その内容はずばり自分の所持しているサイトにちゃんと「http”s”」が
ついているかどうかです。

Web関係に詳しい人ならすでに対策を取られているかと思いますが、
私のような素人だと「http”s”」がつかず、「http」の状態になっているはずです。

なんでhttpに”S”が必要なのか。
そのことについてちょこっとお話していきますね。

ブログの安全面に関する信頼にもつながることなのでこの記事を読んで
対策を勧めていきましょう。

そもそもHTTPとHTTP”S”ってなに?

httpとは?

httpとは以下の英単語の略称です。

・H:hyper(ハイパー)
・T:Text(テキスト)
・T:Transfer(トランスファー)
・P:Protocol(プロトコル)
なんか一部専門用語混じってますね。
簡単に言い表わせばネットで転送させる際のルールのようなものです。
これが広まったことでネット文化は広く広まったのです。
専門用語解説「Transfer」(トランスファー)
移動する、乗り継ぎという意味。
IT業界でよく使う言葉。
今使ってる通信会社を乗り換える「トランスファー」するなど。
専門用語解説「Protocol」(プロトコル)
インターネットなどでのルールのこと。
データの形式、時間の指定、表示サイズの統一化などのきまりごと。
IT用語ではあるが、ネット関係を扱う際によく出てくる単語

http”s”とは?

http”S”は上記のhttpにさらに…

・H:hyper(ハイパー)
・T:Text(テキスト)
・T:Transfer(トランスファー)
・P:Protocol(プロトコル)

・S:Secure(セキュア)

上記のhttpに”S”(セキュア)が付け足されてます。
セキュアは「安全である」という意味合いで、このサイトの安全性、信頼性を示すものになります。
別名で”SSL”ともいいます。
※サイトを安全化(http”s”化させる)ことをSSL化させるともいう。
専門用語解説「Secure」(セキュア)
これは英単語のセキュリティを形容詞にしたもの。
ネット上のコンテンツが常に安全に保たれ続けているという意味。
外部侵入や、データーの改ざん等を常に防ぎ続けていること。
専門用語解説「SSL」(エス・エス・エル)
SSLと書いて「Secure・Socket・Layer」と書く。
データーを暗号化して安全性を向上させることができる技術。
別に「TLS」という規格もあるが意味合いは同じ。

ぶっちゃけいってどんな違い?

通常のhttpでも閲覧自体はできますが、
閲覧しているブラウザーソフト(Chrome、Safari)が「安全性のない危険なサイトです!」と
訴えてきます。

見た目的によろしくないですよね。

また、見た目だけでなく、内面的なセキュリティの方でも危険にさらされることがややあります。
GoogleなどもhttpのSSL化させてないサイトを嫌う傾向があるので、
検索順位上位に掲載されるためにもSSL化を勧めたほうが良いでしょう。

SSLを導入していないとどうなるかまとめ
・ブラウザーに危険視される

・セキュリティ面でも危ない
・検索順位にも関わる

SSL化させてみよう!

やらないよりはやったほうが良いです。SSL化。
早速SSL化させるための手順を掲載していきます。
筆者もSSLが外れていたのでこの機会にSSL化させてみようと思います。

SSL化の手順

  1. 自分のサイトの管理画面に”https”でアクセスしよう。
  2. SSL化プラグイン「Really Simple SSL」をインストールしよう
  3. SSL化プラグインの設定をONにしよう

①自分のサイトの管理画面に”https”でアクセスしよう。

管理画面にいる状態でアドレスバーに「https:」を左端に追記して[Enter]キーを押しましょう
https化された状態の設定画面にアクセスできるはずです。

②SSL化プラグイン「Really Simple SSL」をインストールしよう

そのままプラグイン管理画面にアクセスして「Really Simple SSL」で検索をかけてみましょう。
上記写真のプラグインがインストールできればOK!

③SSL化プラグインの設定をONにしよう

あとはSSL化するボタンを押せば完了です。

接続は保護されてます。
之が出ればOK!

SSL化したあとの注意点

  • SSL化させたあとは非SSLサイト(http)の自分のページにアクセスしないように!
  • プラグインを間違えて消さないように
  • お気に入りなどは”https”の状態で保存しておこう。

SSL化(https)状態で旧状態の(http)の管理ページなどで設定をいじった場合
設定がおかしくなってしまうので基本的にアクセスしないように注意しましょう。

また、間違えてhttpの管理ページに飛ばないように、
すでに登録してある、ブックマークしてあるショートカットなどは一旦削除して
新しいhttpsの状態でブックマークしておきましょう。

まとめ

以上がブログサイトのSSL化の方法手順でした。
SSL化させるだけでメリットもたくさんあるし、見た目的にも、パフォーマンス的にも
向上することが多いです。

ぜひ時間があるうちにSSL化させてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました